迫りくるゴリラ

千賀君が好きといいつつみんな好き @kamicomeon

初めてのドリボ

私の秋の一大イベントが終了しました!!

お疲れ様でした!!!

 

  

というわけで、DREAMBOYSを観劇しました。

元々母の影響もあり、私はなかなか年季の入ったミュージカル大好きマンです。ちょっと前まで私のipodに入っている曲の大半はミュージカル曲だったし(今はお察し下さい)、カラオケ行ったら張り切って「し~んぱ~いないさ~~~~~」を歌っちゃうし、帝国劇場のあのふかふかした小豆色の椅子もだいぶお馴染みなんです。

ミュージカルが大好きなんです!

キスマイも大好きなんです!!

 

思い返せば1年前、何やら「ドリボ」なるハイパー私の需要に合致した舞台がこの世に存在すると気が付き「何それ行きたい!!」と思った時既に遅し。チケットは勿論即日完売なうえ、世に出回るチケットの相場価格の高さに「ジャニーズこわぃ・・・・」と震えあがり、泣く泣く観劇を見送ったLast Sptember.......

まだ見ぬチャンプに恋焦がれて、長い冬越えて春が来たと思ったらなんか夏到来してました。

 

時は来たれり。

ぶおおおおおおおおおおん(ホラ貝)

 

《私のチケット争奪戦2016(ハイライト)》

①ファンクラブ枠全滅。日頃の行いを悔やむ。 

②当たっちゃったらどうしよう〜♡と帝劇枠のハガキをウキウキ書いたけど勿論当たらない。

③生協枠という穴場そうなチケット枠を見つけ、淡い期待を抱くがやっぱり当たらない。

④家中のカードを集めて応募したクレカ枠もあっさり落選。レ・ミゼラブル

鳳蘭さんのファンクラブ枠がないかパトロールを始める。見つからないし、そもそも鳳ファンクラブに入っていないからきっと買えない。

紫吹淳さん(以下同文)

⑦一般発売で執念の鬼電250回の末、DREAMS がCOME TUREする。

 

DREAMS COME TURE!!!!

 

取れました。

一般発売でチケット購入なんて都市伝説だと思ってたけど、

とれるものなんですね!!

ちなみに10時発売で11時10分頃電話が繋がりました。

とれるものなんですね!!(驚)

 そんな訳でこの度、(正確には)鬼のような執念でもぎ取ったチケットを手に、ついに念願のドリボデビューを果たしました

きゃっほい!

 

↑ここまでが前置き

↓ここからが感想です。

 

まず、ご報告させて頂くと

開始3分で玉森君、宮田君、千賀君が、帝劇の上空(推測10m)を天使のように舞っていらっしゃいました!!拍手~~~~!!!!

もう私が思い描いていた”ジャニーズの舞台”そのまますぎて、うっかりスタオベしそうになりました。3人が眩しいのなんのって。コンサートは常に天井席で、千賀君の半径40m以内に近寄れない女でお馴染みの私ですが、さすが帝劇様。キャパ1900人なだけあって、ついに半径25mにまで距離を縮めました。いえーい!!双眼鏡を使っちゃうもんなら、

臨場感がもう凄い。ほとばしる千賀君に、私大興奮!!

※この時点で私の脳内がスプリングハズカムしたので、この先、自分でも驚くほど不純な感想しか書けません。ご了承下さい。

 

 

◆ユウタ(玉森裕太)について

生き方がとても不器用な上、多くは語らないユウタ。

高倉健かよ。健様じゃんって。

トシヤの方がセリフ量多いんじゃない?って位、ユウタは語らないんですよ。

いくら高倉健様でも、もっと自分の身を守るために真実は語っていいと思うし、ユウタは、ちっちゃい事は気にしない、わかちこ精神で生きた方が人生イージーモードになると思うよ!!!!!!もっと真田の図々しさ見習おうよ!!!!ね!!

ただ、多くは語らない代わりにパフォーマンスで語るのがユウタで、北島マヤもびっくりの仮面の世界だったり、腕の筋力だけで宙に浮くっていう、もうこれシルクドソレイユじゃん...みたいなのだったり、警察から逃げるためにビルからビルへ飛び移ったり、、、ユウタの心情とか覚悟とかを歌やパフォーマンスで表現していて

マジ格好いい。(語彙力0)

ビルからビルへ飛び移ってるユウタとか、もはや人間技を超越したスパイダーマンだったから

え?USJ?私USJ来ちゃった?

って錯覚しました。

(ただ、ユウタ。ビルの壁シュタタタタって走りながら、窓ガラス50枚位叩き割ってたの私見てたからな。鉛とヤスイの件は冤罪だけど、窓ガラスはユウタの罪だからな!!)

 あと口数が少ない分、ユウタが発する「ここぞの一言」の重みが凄かったです。激重。1幕最後の

「何もかも引き受けてやろうじゃねぇか!!」とか震えた。ユウタの余韻を超引きずってたせいで、休憩入ってもなかなか席を立てなかった私、トイレ戦争出遅れました。

 

◆トシヤ(宮田俊哉)について

皆さん、ファンタジー宮田の怒号を聞いた事あります?私多分、宮田君が半沢直樹のモノマネやっていた時(反省沢直樹)の

「土下座だーーーーー!!!」

位しか聞いた事なかったから、トシヤの(悲しみのこもった)怒りの演技の迫力におったまげました。ユウタがヤスイを刺した(誤報)って聞かされて

「お前どぅぅぉぉういうことだー!!!」

ってトシヤがユウタに怒鳴った時、私、トシヤの声に圧倒され過ぎてビクビクビクッて背筋が三段階くらい引き上がったので、腰に爆弾抱えている人はドリボ見に行かないほうが身のためだと思います。トシヤ容赦しないから。本気の怒号来るから。ファンタジーの「ファ」の字も無い荒々しい宮田君に出会えたドリボ2016に乾杯。

あと、噂のソロ曲「Beautyful Days」で唐突にファンタジーねじ込まれ過ぎてて、おや?って一瞬戸惑いましたよね。

これが噂のジャニーズエンターテイメントか。って思いましたよね。「Beautyful Days」最高でしたけどね。ぴやぴやぴや~~~~☆☆みたいな、やたらファンタジー感を煽る効果音が入ってて可愛いし、POPだけどちょっと切なさもあって、宮田君最高かよってなりましたけどね。早く音源化プリーズ。

 

 ◆ケント(千賀健永)について

私、ケントについて、徹底討論したいんですけど、千賀担は我が家に一旦集合してもらって良いですかね?

とりあえず、セリフ回しとか、鋭いお目々で右の口角だけ3ミリあげてニヤッて笑う表情とか、ケントがハチャメチャに格好良いことは分かったんですけど、ドリボの世界観について行くので必死だったのと、頭の中がスプリングハズカムだったもので、ケントのキャラが掴みきれないというか、ケントのキャラの整合性が私の中でうまくとれなくて、ここ2週間くらいずっとモヤモヤしているので助けて下さい。

最初は意地張って突っ走っていたチャンプが、徐々に周りの人から優しさを吸収し、自らも優しさを表に出すようになる。「1幕と2幕で凄い変わった」そう気付いてもらえたら嬉しいです。(パンフレットより)

 そうなんですよ。1幕と2幕でケントが凄い変わるんです。1幕のケントは冷静と情熱の間っていうか、もうギラギラした熱さとマイナス100度のクールさを両方手に入れちゃって、結局ギラギラ燃えてるのにSO COOL!!何この新感覚!!みたいなケントだったんですけど(伝わらない)2幕で一気に悟り開いてて、仏のように全て悟ってて、

私が休憩している間にケント何があったんや・・・。

千賀君は「徐々に周りから優しさを吸収する」って言ってますけど、イマイチその辺の描写が伝わらなかったというか、むしろ周りの優しさ的なもの1幕で描かれてました?

どちらかというと、病院に運ばれてチャンプの重荷から一歩引いたらプライドからも解放されて、本来のケント出てきたみたいなことかな?って私思ったんですけど、でも1幕の試合シーンのケント確かにちょっと優しさ手に入れてたような・・とか、なんか思い返してみると、アレ?って引っかかる表情とか言い回しとかあったんですけど、リアルタイムで見てた時はそれが何を意味しているのかまでわからなかったから、もう一回見て確認したいけどもうチケット無いじゃんみたいな。ワンチャン辛い。

とりあえず、みんなの見解を知りたいから、全国の千賀坦と千賀君は、私の家に集合してくれるかな??それか「私が思うケント」を各々ブログで発表してくれるかな?(他力本願)

 

 ◆カイト(高橋海人)について

もうね、カイトが近年まれにみる良い子。だいたい設定的には中2くらいの年頃だと思うんですよ。中2男子と言えば、自意識こじらせまくってダークサイドに墜ちるのが通常運転じゃないですか。そのうえ、カイトは母親に捨てられて、重い病気を患って、兄が犯罪者扱いされて、刺傷事件に巻き込まれるという、私だったら3年位引きこもりそうなくらいハードな人生歩んでいるのに、健気に夢に向かって生きていて、もう私のガバガバすぎる涙腺めっちゃ刺激してくる。

そりゃ、「JETBOYS」の絶対的センターになりますわ。(JETBOYSが、歌番組ほぼカイトしか映っていないんじゃないかな?ってくらいグループ内格差エグい。)

あと、エンディングの曲でカイトのボクサーの夢叶うっぽいこと匂わせてたけど、アイドルの片手間でボクサー成り立っちゃったら、食うもん食わずにボクシング一筋で生きてたケントが報われなさすぎるから、アイドルの道を絶ってボクサーになったってことで私解釈しておくからね。

 

◆リカさん(紫吹淳)について

立ち姿が誰よりも格好いいんですよ。さすが宝塚。あと千賀君に負けないくらいロイヤルな空気漂ってた。さすが宝塚。

でも、マダム&リカによる、修羅場からのスピード和解が、鬼早くて私付いていけなかったよ。

「絶対に許さない...(怒)!!!!」から

「私を許して...(泣)!!!」

までおよそ3分。(体感)マダムとリカさんの10年に渡るドロドロした確執の全貌がようやく明らかになったと思ったらもう和解。早くない?って。息子を捨ててまで、マダムに復讐したかったハズじゃなかったの?って。

いや、でもあれよね。リカさん、カイトの事を本当はずっと愛していたのよね?むしろ、カイトの為にリカさん必死にマダムに復讐してたのよね?マダムに復讐したら私たちは報われるってきっとそう思ってたのよね?それが、カイトにしてあげられる愛だってリカさんそう思ったのよね?息子の顔も名前もどこにいるのかも知らないけど、この想い息子に届け!って桟橋で歌ってたのかな?ちょっと愛情表現、間違っちゃったんだよね?うん。仕方ないよね。でも「カイトは病気なんだよ!!」ってユウタに現実を突きつけられて「私ったら、何をしていたのかしら?!」ってついに目が覚めたんだよね。愛ってこれじゃないって気が付いたんだよね。これからは目の前のカイトを愛さなきゃって。ユウタの一言でやっと目が覚めたんだよね?

だとしたらスピード和解も理解できる。(ポジティブ解釈)

幸せになってね。リカ&カイトforever

 

ていうか、みんな幸せになってね!!!!ユウタもトシヤも、サナダもヤスイもみんな幸せになってね!!!!「終わらない夢を描こう」って歌った直後に死んだケントの分まで幸せになってね!!!ケントの終わらない夢終わったけど、DREAMBOYSは永久です!!!

〜完〜

 

(ドリボ2016総括) 

ドリボ is ジャニーズエンタテインメント!!

〜ありがとうジャニーさん〜

 

来年もよろしくお願いします!!!