迫りくるゴリラ

千賀君が好きといいつつみんな好き @kamicomeon

初めてのアリーナツアー

Kis-My-Ft2 アリーナツアー「 MUSIC COLOSSEUM 」へ行ってきました!!

 

私これまでコンサートも舞台も、守護神かな?ってくらい天井ポジションを守り抜いておりまして、なんかもう「あいつに天井席任せておけば間違いない」みたいなキング藤ヶ谷並に安心と信頼を築いていたので、会場に入って「どぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(震)」ってなりました。

 私の席からコロッシアムまで、徒歩10秒。手を伸ばせば彼らに手が届きそうで届かないというなんとも甘く切ない距離感....。(胸キュン)

 これがアリーナツアーッ...!!

 アリーナ先輩、結構厳しいから覚悟しとけって風の噂で(主に新潟方面から)聞いていたんですけど、まさかこんなにも温かく迎えて下さるとは。感無量です。

 

そんな訳で以下感想です。ちなみにですけど、私が行ったのは真駒内アリーナ公演です。

そうですね。5月の出来事を今更書いています。

 

 

1.OVERTURE〜EXPLODE

オープニングといえば、「キスマイ、どこから登場するのか問題」が毎年私を賑わせておりますが、センターステージの四方を囲うように上空モニターが下がってきた瞬間、さすがの私もピンと来ましたよね。

絶対この裏から出てくる(確信)

EXPLODE前奏のドゥクシッ!ドゥクシッ!音に合わせて次々とモニターに映し出されるメンバー映像。早速我を失う私。

ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!

私<やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシッ!ドゥクシ!

私<やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいy

.......ブシャーーーーーーーーー!!!

モニターがスーッとあがり、キスマイ満を持して登場。

EXPLODEのあの戦闘能力高めな衣装で、でっかい旗を翻しながら7人がステージ中央に立っているだけなんですけど、ほんとにそれだけなんですけど、信じられないくらい存在感やばいっていうかやっぱり存在してたやばいみたいな。こんなにも期待を裏切らない、格好いい登場シーンってあります?

 

 2.Tonight

二曲目にして炎上するコロッシアム

あちらこちらで吹き上がる赤やら青やらの炎(なかなかの強火)に囲まれて四方八方にトゥナイトゥナイするの最高にドSに見せかけて、中の人達ドM過ぎやしませんか。暑かろう。格好良かったです。超興奮しました。

個人的ニュースですが、Tonightのリズムに合わせて歩くと、いつもの3倍早く歩ける(私比)ので、私が風を切るように歩いていたら大体Tonight聞いているって思って頂いて大丈夫です。

 

 3.FIRE BEAT

 ドゥルルルルル(巻舌)ヒャッハー↑↑↑みたいな色々ぶっ壊れたマジキチな煽りをやっていたのはどなたですか?(恐らくたいぴかけんぴ)テンションぶち上がるので日常的に私を煽って欲しい。

 

 4.Bang!Bang!BURN!

 初めの3曲で完全に私の中でキスマイさんが神格化されてたのですが、ほんとに気軽にみんなその辺をうろちょろしてて驚く。気がついたら横花道にいて、「ちょ、来るなら言ってよ〜〜」みたいな瞬間が軽く20回はありました。彼らは普通に存在している。

これがアリーナツアーッ...!!

 

 5.VersuS

見所あり過ぎ勝訴。

(一連の流れ)

①先攻:兄組 北横ゲタタップ

雅で女性的な衣装に包まれた、ひたすらスタイルが良いお兄さん(萌え袖)と色気ダダ漏れ少年(おくるみ)のタップセッションってもう思い出しただけでよだれ垂れそう。私に絵心があったなら確実に二次創作しまくっている。

②後攻:弟組 宮千 シュッとしたダンス

平和の塊!心の安定剤!すぐ劇場建設しちゃうあの愉快な宮千がちょっと斜に構えて登場するんですよ!千賀君の身のこなしがまぁ〜軽やか&鮮やかなのと、カッコいいモードに入りきっている時の宮田君のちょっと荒っぽい仕草がなんか可愛くて大好き。あと衣装の印象としてはパントマイムがやたら上手そう。

 ③からの孤高のベーシスト二階堂高嗣の攻撃

「俺、他人に興味ないから」って言って欲しい選手権1位決定です!!花沢類を抜きました〜!!宮千のダンスも跳ねたり滑ったりベースをスラップするような動きに見えてとても良き。

④からの藤ヶ谷姫の登場

自分の手は一切汚さずに相手倒すタイプ〜!

⑤あれ?玉森君いつの間に登場した?

待って見逃しました。

⑥兄組傘を持ってハイポーズ

装備が刀とかじゃなくて傘なところに兄組の余裕が伺えますね。

⑦兄組を取り囲むように弟組が銃をダダダダダッ

容赦ない現代っ子

⑧VersuSスタート

 「そろそろ始めよう」とか「ここで決めようぜ」とか「Redy to fight!」とかお互い言いあっている割には始まる気配のない決闘。

⑨VersuS終了

結構な尺あったけど、やっぱり始まらなかった決闘。

 

6.運命Girl×WANNA BEEE!!!

途中の「運命Girl 北山組」 VS 「WANNA BEEE 藤ヶ谷組」みたいな歌声フォーメーションが最&高

あと、ローラーの電飾+ペンライトの海の光景が美しすぎて、定番演出でありながら毎度新鮮に感動してしまう。ほら私ってイルミネーション好きじゃん?

 

7.Shalala☆Summer time

キスマイには様々なローラー芸がありますが、個人的にはローラーで7人が一斉に走り出すあの景色が大好物です。シャッシャッっと力強く踏み出してから一気に加速し始めるあの感じ。めちゃくちゃシンプルだけど、この勢いの良さが「THE•キスマイ」って感じがするし、なんか熱いものが込み上げる。

 

8.SEVEN WISHES

モニターに映し出された「大丈夫。君はありのままで 僕も共に歩いていくから」という歌詞と共にキスマイとジュニアを引き連れて電車ごっこの先頭を歩く横尾さん(31)を見て、横尾さんんんんんんんんとなる私。マグロ解体師一級おめでとうございます。

 

 9.AAO

約1名ハワイのコーディネーターかな?っていうジュニアがいました。(きっと梶山朝日君)

 

10.キスしちゃうぞ

ナナナーナナ  ナナーナナの1番高い音の打率が全体通して2割くらいだったからみんな頑張ろうな!(玉二千ちゃんへ)

 

 11.いいね!

"バカになれよ"って文字通りめちゃくちゃでハチャメチャでそれぞれが思いのままのテンションで自分勝手にいいね!いいね!いいね!いいね!しててフリーダム極まりないんですけど、音を楽しむこれぞ音楽!って感じで訳わからないくらい楽しかったです。チャッチャッチャー!

>千賀君へ

川 ΦeΦ)|いいねぇぇぇぇーーーーーーいいねぇぇぇぇーーーーーーーいえぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜↑↑↑↑↑↑↑

最高だったよ!!!へいへいへいへーい!

 

12. レッツゴー!

 たいぴーちちゃん横から見ると薄っぺらくて笑う。

 

 13.Travis Japanコーナー

Kiss For Uをスローにした感じのあの曲が私の心にぶっ刺ささりました。日本背負っているだけあってダンスがお上手。

 

 14.君のいる世界

高所恐怖症の人がどんな表情をするのか興味があったので、モニターに映るたびにニカちゃんをチェックしていたのですが 、物凄いまばたきをしておりました。可愛い。

 あと衣装のミ•アミーゴ感が凄いっていうか、後輩に降りる心配がなさそうな衣装だったんですけど、あれ多分デビューコンサートのOP衣装と同じ人がデザインしてる。

 

15.キミとのキセキ

 私は「僕と結婚してくれますか?(イケボ)」って言われたいです!!!!よろしく!

 

16.MU-CHU-DE恋してる

>銀座カラーさんへ

脱毛する前に塗られるジェルが冷たすぎるせいで、行くたびに寿命が縮みます。

 

 17.One Kiss

 One Kissのイントロと共にモニターが上がると、辺り一面神々しいほど黄金の世界。

 曲を聞いた私のイメージだと「NYLON」の世界観みたいな、色使いはPOPだけど色素と幸薄めな感じを想像していたので、なかなか意外でした。後で調べてみたら琥珀色って金色なんですね。なにそれ初耳。

Flamingo大好き芸人としては、Flamingo後継者争い暫定第1位のOne Kissさんの演出に注目を寄せていたのですが、Flamingoは物語の主人公をそのままダンスで表現した感じだったけど、One Kiss は物語を見守る第三者みたいな色々超越した存在のように感じました。私は宮玉側から見たのですが、宮玉の微笑がとってもとっても美しかったです。あと指先を使った振り付け大好きマンis私。

 ちなみに、One Kiss2番の千賀君パート「約束を〜交わそう〜〜」が今アルバムで1番好きな千賀君パートです。音階を駆け上がる感じがとにかく気持ち良くてたまらないです。

 

 18.Gravity

たいぴーわっしょいに入る時に、バックの音がグワーっと大きくなってGravityの世界に一気に飲み込まれました。というか、気がついたらGravityに抱かれていました。

モニターとダンスが連動する所で立ち位置から動かずにダンスをしてくれるので、一度双眼鏡をロックオンしたらブレることなくダンスを定点観測出来るのとってもオタクに優しい。ほんと助かります。

 

 ★ニカ千ダンス

最後にお互いノールックで軽くハイタッチする姿に私の胸が高鳴りました。

 

19.r.a.c.e

この曲、ソロパートがワンフレーズ毎に細かく区切られていているのですが、単なる歌割りではなくて、それぞれがちゃんと役割を持って適材適所に配置されているなぁというのを凄く感じました。「悲しみ〜」で切り込む千賀君とか、玉ちゃんからのニカちゃん「Now let me〜」のドキッとする落差とか、要所要所でサラッと曲の流れを変えてくる藤ヶ谷君とか.....ホント挙げたらキリがないんですけど、個々が際立っていながら、曲全体の緩急もちゃんとあって、メンバーを生かして最大限にドラマチックに仕立て上げられた演出に引き込まれました。北二千のアクロバット〜間奏ダンス〜畳み掛けるようなソロパートを経て、ラストは呼吸を整えるように冷静に幕を閉じるのもめちゃくちゃ格好いい。

 

20.Pick It UP

あっあっあピキラ〜の寄せては返す波のようなニカ千をエンドレスで見続けたい。

 

21.全力ファイター

私、日本中のアイドルが歌っていそうな「夢は叶うよ!」とか「1人じゃないよ!」みたいな曲が今まであまり好きではなかったんですけど(上っ面だけの言葉というか、なんか薄っぺらーく聞こえてしまうから)、キスマイを知って、彼らの背景とか人間性を知って初めてこういう曲がちゃんと意味のあるものとして自分に響くようになって、自分でも本当に不思議なくらい頑張ろうって思えて、(キスマイの曲を聴きながら走ると、運動嫌いな私も1時間ノンストップで走れるので、効果は物理的にも証明済です)だからこそ、こういうメッセージ性100の曲が説得力を持って響くグループであり続けて欲しいなぁと思う次第です。

コンサートでの藤ヶ谷君の感情的な歌い方にグッときたんですけど、ただの言葉の羅列じゃなくて、歌詞の意味を伝えようってしてくれているのが感じられて、生で聴けて良かったなぁと凄く感じました。

 

22.Everybody Go

北山君の「この時代の〜チャーンピオン」をカットしたやつ、体育館裏集合な。(全面戦争)

 

 ★アンコール

23.DREAM ON

この曲、前奏部分にオタクのコーラスパートがあるんですけど、この前奏にメロディーラインがなくて、ただただ蜃気楼みたいなもやもやーっとした音がただ漂っているだけなので、

「...ウォ....?〜ォ?ウォ〜〜〜ウォ〜〜〜(探り探り)」

大変ぬるっとした歌唱しか出来ず申し訳ございません。

なお、ウォーウォウォを何セットやるか読み間違えたため、間奏部分までウォ〜を言いかけ、ちょっとしたソロ歌唱までかましてしまいました。重ねてお詫び申し上げます。

 

24.Thank youじゃん

 さんきゅーじゃーん!!(雑)

 

 〜まとめ〜

全体的にCDにはない、力任せでテンション任せな「聴かせる」よりは「ぶつける」ような歌声が印象的だったなぁと思います。歌い出しが遅れたり音程も合っていなかったりしているし、そりゃ勿論CDの方がちゃんと綺麗に歌えているんですけど、暴投しつつも力の限り玉を投げてくる感じがあって、こっちもそのエネルギー打ち返してやんよ!!みたいな感じでテンション上がってひたすら狂って楽しかったです。

北山君がコンサートでよく「俺らに全部ぶつけてこい!!!」って言ってくれるのが凄い好きなんですけど、コンサートを自分達と客とのエネルギーのぶつけ合いの場として捉えているの最高だなって思うし、この1万人規模の熱量を肌で感じられることが生のコンサートの醍醐味だなぁと改めて感じました。会社の偉い人がストレスを発散出来る場がある人の方が、仕事も出来るって言っていたので、今後の私の活躍にも期待が高まります。

まぁ色々書きましたけど、つまり何が言いたいのかと言うとですね、

私に現場をくれ。

以上です。

 

DVD化もお待ちしております。